ZERO1
ZERO1

2011年05月13日

5/15 八戸市大会結果(コメント追加)

5/15(日)午後2時試合開始 八戸市シーガルビューホテル <頑張ろう東北!シリーズ>

@シングルマッチ30分1本勝負
○美熊(8分56秒高角度→回転エビ固め)×黒亭和男爵
美熊が試合後コメント
「ZERO1の靖国大会でデビューし、今日まで、ゲスト参戦をしました。今、ファイターとして、思う所があり、近いうちにアクションを起こしたいと考えています。」

Aシングルマッチ30分1本勝負
○KAMIKAZE(9分33秒ムーンサルトプレス→体固め)横山佳和×

23日の後楽園、大谷とのタッグで、デビュー後、初の大舞台を踏む横山は、これまたベテランのKAMIKAZEを相手に先制攻撃をしかけるなど、積極的に攻め立てる。

KAKIMAZEの「押しては引く」の駆け引き試合に、悩みながらも、直進的にチャレンジする姿に観客も大声援で答える。月面空爆で敗れはしたものの、しっかりと爪あとを残した。
「あいつは強くなったよ!ココが!(胸をさす)『もう、ダメだろ』って、段階が前より延びてる。体なんて、いつでもデカくなるし、キャリアさえつめば、それなりにはできる。でも、この(ZERO1)リングじゃ、それは通用しない。最後は諦めないココ(気持ち)だよ!」(KAMIKAZE)

Bシングルマッチ30分1本勝負
○崔領二(9分2秒那智の滝→体固め)植田使徒×

23日に高山、金原との対決が決定した植田。今日の崔は先輩ではあるが、ゴルドー仕込みの空手、キックと、仮想「U」としては最適。ましてや世界王者として、勝てば大金星。願ってもないチャンスに、パワー全開で望むも、最後は那智の滝で撃沈。

「植田はタフになった。特にここ数ヶ月。目標を持っている人間の上昇志向はスゴイ。俺も統一王者になれると楽しみにしてたのにタイトルマッチがなくなり、残念でも、いずれ彼(NWA世界王者・エルシーク)とも戦うことになると、信じたいから、その時は覚悟してもらう!今は俺ら、怖いもんなしや」(崔)

「今日、負けてしまったけれども、今金原、高山戦に向けての練習をしてる! 今日の試合でその成果をだしたかった。しかし、まだ調整がうまくいってなく成果を出せなかった!だが、掴めたものもある!今日、崔さんと戦えてよかった!23日までにもっと練習し調整する事で必ず勝利への道は開けると信じている!ZERO1は一番!応援宜しくお願いします。」(植田)

Cタッグマッチ30分1本勝負
日高郁人、×柿沼謙太(13分21秒プラセンタ)○菅原拓也、政宗(大阪プロレス)

菅原、政宗と、入場し、2人はリング上でなにやらコソコソ。日高の入場曲が始ると、一目散に日高サイドの控え室へ。まだ、オーバーマスクさえ付けれていない日高、精神統一中の柿沼の髪を鷲掴みにし、強引にリングへ。最初に、ペースを狂わされた日高組は最後まで本調子にならず。
最後も、レフェリーのスキを付いた菅原が、日高の誤爆をさそい、柿沼から小包ピン。
何を思ったか、菅原の暴挙は終わらず、NWAのパンパシフィック審判部長レフェリーである、笹崎レフェリーに乱暴。倒れる笹崎レフェリーになおも攻撃をしかけようとしたが、日高が間一髪救出した。
「日高の手の内は全て知ってんだよ!アイツの全てを封じた上で俺がベルトを奪う!しかも俺にはNWA公認レフェリーのMr.SUWAがついてるからな!当日、楽しみにしとけよ日高!」(菅原)

「菅原、また笹崎さんに手出しやがって。この何ヵ月かあいつの策に引っ掛かって、戦績でもいかれて正直情けないけど、タイトルマッチはもう一週間後。お互い逃げ場もない。今回はメインだし、ゼロワンジュニアとしてきっちり防衛、締め括りたい。菅原とはホールでカタつけて次へ向かいたいと思います。」(日高)

D破壊王子・青森初上陸!タッグマッチ30分1本勝負
大谷晋二郎、×橋本大地(18分01秒スライディングD→片エビ固め)○田中将斗、佐藤耕平

ZERO1公式試合のなかで、唯一の災害順延大会となった八戸大会とあって、観客の多くは大地目当て。デビューでの蝶野戦の模様は、遠方の地ということもあり青森は、PPV観戦の多い地区であったが、災害後の武藤戦などの情報は中々現地まで情報がいきずらい状況だった為、なお、その期待は増え続けた。入場時は「爆笑宣言」に会わせ、満場の大「橋本」コールが鳴り響いた。

「今日は負けましたが、次、此処に帰ってくるときは、必ず勝ちます。そうなるように練習を毎日します!皆さんも、被災者さんも、大変苦しい状況ですが、、皆で一生懸命に頑張りましょう!」(橋本)また、23日の後楽園大会での望月戦へもコメント「この間の会見後から、『初勝利』を本格的に考えてきました。『世紀の番狂わせ』に、期待してください!」(大地)

Eスペシャルバトルロイヤル
○柿沼謙太(15分48秒ジャーマンスープレックスホールド)橋本大地×
退場順
日高、菅原、横山、佐藤、植田、政宗、崔、大谷、田中、美熊、KAMIKAZE、黒亭、橋本

posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 19:46 | 試合結果
spacer.gif