ZERO1
ZERO1

2008年08月02日

8/2 可児市スリーフロントパーク 火祭り`08 試合結果

熱−1 GP 火祭り‘08 〜勇王邁進〜
8月2日(土)岐阜・可児市スリーフロントパーク
     JA農協会館裏 五臓六腑前駐車場 特設リング
「残酷な一閃」

☆火祭り Bブロック公式戦
×田中 将斗(2勝1敗1分:勝ち点5)
VS
○大森 隆男(2勝1敗1分:勝ち点5)
(19'05アックスボンバー→片エビ固め)

☆火祭り Aブロック公式戦
×大谷 晋二郎(2勝2敗:勝ち点4)
VS
○佐藤 耕平(2勝2敗:勝ち点4)
(14'02腕ひしぎ逆十字固め)
※勝ち点6の真壁選手の優勝決定戦出場が決定。

☆火祭り Bブロック公式戦
〇中西 学(2勝1敗1分:勝ち点5)
VS
×関本 大介(1勝2敗1分:勝ち点3)
(16'55大☆中西ジャーマン)

☆ZERO1vsGBH
崔領二
×澤宗紀(バトラーツ)
VS
○真壁刀義(新日本プロレス・GBH)
本間朋晃(新日本プロレス・GBH)
(10'37ダイビング・キングコング・ニードロップ→片エビ固め)

☆Special Chick Fights in 可児
×前村さき
松尾永遠(NEO)
VS
Hikaru
○三田英津子(NEO)
(19'26デスバレーボム→体固め)

日高郁人
〇高岩竜一
VS
藤田ミノル
×植田使徒
(11'16逆エビ固め)

※公式戦最終日となりました可児大会。
優勝決定戦進出に大手をかけている真壁選手はGBHのパートナー、本間選手を連れて崔・澤の混成ZERO1チームを一蹴。後楽園大会に弾みをつけました。
続けて行われたBブロック公式戦・中西vs関本。両者ともにまだ決勝進出の可能性が残るだけに、激しいぶつかり合いが展開されましたが、中西選手の必勝パターンである大☆中西ジャーマンで勝負あり。中西選手は勝ち点を5に伸ばし、田中vs大森の結果待ちに。
勝てば後楽園での決定戦に望みをつなげられる大谷選手でしたが、耕平選手のカウンターの腕ひしぎががっちり決まり、無念のタップアウト。真壁選手の決定戦進出が決まるとともに、大谷選手の火祭り優勝の夢は後楽園を前に潰えることに…。
公式戦最終試合となりました田中vs大森の一戦。引き分け以上の結果を残せば、文句なしで後楽園へとコマを進めることができる田中選手。しかし、勝負所でスライディングDを止められた田中選手は大森選手のアックスボンバーを連発でくらい、昨年5月の復帰戦以来のフォール負け。
その結果、Bブロックはなんと2勝1敗1分で3人が並び、後楽園大会にて3ウェイによる火祭り優勝戦進出者決定戦が行われることとなりました。

◇2008年火祭り 最終大会
「熱−1 GP 火祭り‘08 -勇王邁進-」
優勝決定戦 『戦慄の零戦』

8月3日(日)東京・後楽園ホール 18:30〜

決定全対戦カードは こちらをクリック


Aブロック
82ffablock.jpg

Bブロック
82ffbblock.jpg
posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 20:23 | 試合結果
spacer.gif