ZERO1
ZERO1

2011年12月28日

2012元旦「プロレスNIPPON!」後楽園ホール

◆2011年1月1日(元旦:午後2時開始)後楽園ホール
     「プロレス Nippon!」

☆世界ヘビー級選手権 60分1本勝負
○(王者)佐藤耕平
(24分18秒ジャーマンスープレックスホールド)
×関本大介(挑戦者:大日本プロレス)
第12代王者が2度目の防衛に成功



☆謹賀『晋』年 大谷晋二郎デビュー20周年イヤー 記念試合〜Part1
タッグマッチ 30分1本勝負
大谷晋二郎、×植田使徒
(17分49秒パンピングボンバー→体固め)
田中将斗、○鷹木信悟(ドラゴンゲート)



☆インターナショナルJrヘビー級 選手権試合 3WAYマッチ 60分1本勝負
○菅原拓也(王者)
(10分49秒十三不塔→エビ固め)
日高郁人(挑戦者)、×藤田峰雄(挑戦者)
※第10代王者が2度目の防衛に成功


☆NWA世界jrヘビー級選手権試合 60分1本勝負
×クレイグ・クラシック(王者)
(6分59秒回転エビ固め)
○菊地 毅(挑戦者・餃子の王将)
※クレイグが25度目の防衛に失敗。菊地が第109代王者となる


☆次期世界ヘビー級王座 挑戦者決定3WAYマッチ
○KAMIKAZE
(6分49秒ムーンサルトプレス→体固め)
×崔 領二、曙
※KAMIKAZEが次期挑戦者となる

☆HMW 提供試合
○若鷹ジェット信介&UEXILE
(10分12秒ジェット→体固め)
×ザ・ミニ℃、ザ・チョップ℃

☆2012年 第一試合 シングルマッチ15分1本勝負
×横山佳和
(9分45秒裏STF)
○橋本大地
posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 18:32 | 対戦カード

2011年12月22日

風林火山TL決勝12/18六本木大会結果

☆優勝決定戦 時間無制限1本勝負 

大谷晋二郎、×横山佳和(Aブロック1位・4戦3勝1敗得点6点)
(23分21秒ヘルム→体固め)
田中将斗、フジタjrハヤト○(Bブロック1位・4戦3勝1分7点)

※田中、ハヤト組が第3回風林火山優勝


☆タッグマッチ 30分1本勝負

○日高郁人、伊藤崇文、小幡優作
(12分19秒野良犬ハイキック→体固め)
植田使徒、藤田峰雄、不動力也×


風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負

佐藤耕平、KAMIKAZE(4戦2勝1敗1分5点)
(13分21秒パイルドライバー→体固め)
×ヴァイス、策略シュヴァルツ(4戦1勝3敗2点)


風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負

大谷晋二郎、横山佳和○(4戦3勝1敗得点6点)
(16分29秒変形デスバレーボム)
崔 領二、ライディーン×(4戦2勝1敗1分5点)

※大谷、横山組がAブロック1位


風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負

×曙、橋本大地(4戦2勝4敗4点)
(8分3秒スライディングD→片エビ固め)
○田中将斗、フジタ“Jr”ハヤト(4戦3勝1分7点)

※田中、ハヤト組がBブロック1位


風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負

×菅原拓也、菊地 毅(4戦1勝2敗1分3点)
(8分16秒450‘スプラッシュ→体固め)
○ブッファ、マザー(4戦1勝3敗2点)

posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 18:06 | 試合結果

2011年12月16日

12/15 Zepp名古屋結果

風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負
曙、×橋本大地<3戦2勝1敗得点4>(11分12秒ドクターボム→エビ固め)○植田使徒、藤田峰雄<4戦1勝3敗得点2>

風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負
○大谷晋二郎、横山佳和<3戦2勝1敗得点4>(16分18秒投げっぱなしドラゴンSP→体固め)菅原拓也、×菊地 毅<3戦1勝1敗1分得点3>

風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負
田中将斗、△フジタjrハヤト<3戦2勝1分得点5>(30分時間切れ引き分け)佐藤耕平、△KAMIKAZE
<3戦1勝1敗1分得点3>

風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負
日高郁人、○伊藤崇文<4戦2勝2敗得点4>(13分41秒スリーパーホールド→)ブッファ&×マザー<3戦0勝3敗得点0>

posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 17:05 | 試合結果

2011年12月15日

12/14 風林火山岐阜大会試合

☆タッグマッチ
○曙、大谷晋二郎、橋本大地(16分12秒大噴火)佐藤耕平、KAMIKAZE、菅原拓也×


風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負
○田中将斗、フジタjrハヤト<2戦2勝4点>(14分25秒スライディングD→片エビ固め)×植田使徒、藤田峰雄<3戦3敗0点>

即席タッグとはいえ、お互いの間が良い意味でクロスする田中、ハヤト組。
気合いコンビも、エルボーやハイフライ、ラリアットで奮闘も、最後はまさかのスライディングD+ランニングキックのサンドイッチに植田が涙を飲んだ。

気合いコンビは3敗で脱落。
明日の名古屋のvs曙、大地組が最終戦となる




風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負
日高郁人、×伊藤崇文<3戦1勝2敗2点>(15分42秒変型F5→片エビ固め)崔 領二、○ライディーン<3戦2勝1分5点>

体格で勝る崔組に、スピードと関節で勝機をみいだしたい日高組。
しかし、今日の主役は『青い目のサムライ』こと、ライディーン!

日高のキックを跳ね返し、伊藤の関節を持ち上げるなど、怪物ぶりを発揮!

最後も得意の変型F5で伊藤を完全ピン!

5点でAブロックのトップにたった!

敗れた日高組は2敗で脱落となった。

日高コメント
「今日の試合もそうだけど、ヘビー級を機動力で攻略出来るほどのチームにはまだ成れてないと素直に思います。日々、勉強。脱落はしたけど、伊藤と最終戦まで全力で戦い抜きます。」

posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 15:43 | 試合結果

2011年12月13日

12/12水戸大会結果

12月12日 タッグリーグ戦『風林火山』
茨城県スポーツセンター(水戸市)18:30〜

☆タッグマッチ
○曙、橋本大地
(14分29秒ボディプレス→体固め)
マーク・フセイン、×ブッファ

風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負
大谷晋二郎、×横山佳和<2戦1勝1敗2点>
(26分10秒 野良犬ハイキック→片エビ固め)
○日高郁人、伊藤崇文<2戦1勝1敗2点>

大谷、横山の師弟タッグのヘビー級の体格に対し、軽量級とはいえ、タッグ王者としてのプライドで、絶対に負けられない日高、伊藤組。
先日の、益田大会、大谷晋二郎とのサブミッション対決が記憶にあたらしい伊藤。
横山もキャリアは短いながら、アマレス出身の底力で、必死に喰らいつく。
26分を超す激闘を制したのは、日高。
何度も、立ち上がる横山に、トドメの野良犬をい打ち込んだ!

日高コメント
「開幕では菅原、菊地組、特に菊地選手に惑わされたけど、横山のような真っ直ぐな選手ならば僕と伊藤は負けないと。とはいうものの時間切れまであと少しだったタイムをあとで知って、試合中同様、横山の成長を感じました。次は僕が警戒していたライディーンのチーム。伊藤との技能で勝ちをもらいます!」(日高)

横山コメント
「くそー、今日は負けてしまったが残り2試合勝って絶対決勝戦に行って優勝します。」(横山)


風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負
佐藤耕平、○KAMIKAZE<2戦1勝1敗2点>
(17分00秒ムーンサルトプレス→体固め)
植田使徒、藤田峰雄×<2戦2敗0点>

気合は十分のアニマル浜口道場生タッグは、前覇者の耕平、KAMIKAZEに、何とかペースを握られまいと、多方面からの攻撃を繰り返す。

植田はパワー、峰雄は空中戦と、オリジナルで攻めながらも、持ち前のガッツで、2人を追い込もうとする。これが、即席タッグや、体格で勝る相手ならと、思うシーンも多々あったが、最後は、キッチリ、月面水爆砲。気合タッグの、意地はシッカリと伝わった。

KAMIKAZEコメント
「随分とコンビネーションの悪いチームだな。浜口さんに申し訳ないだろ。今年も優勝するであろう俺たちの試合を見てタッグマッチを勉強しろ。世界チャンピオンである耕平を支える俺、耐える俺を支える耕平。タッグチームはすべてにおいてのバランスなんだよ。私生活から支え合えれば、植田&藤田はいいチームになるよ。あいつらにとっては、勉強の風林火山だな。」

藤田コメント
「これで2連敗してしまったけど、昨年度優勝チームをあと一歩のところまで追い込みました。
初戦の時よりずっと進化してるし、この気合いタッグの可能性を感じましたね。まだ終わってないし最後まで諦めず気合いでいきます!」


風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負
田中将斗、○フジタjrハヤト<1戦1勝2点>
(16分48秒 K.I.D)
×ヴァイス&シュヴァルツ<3戦1勝2敗2点>


初戦となる田中、ハヤト組。ここで、土がつくと、ハヤトを誘った田中の責任も問われる。が、『本当に即席?』と、目を疑うような連携や、タイミングを見せる田中、ハヤト。お互いが、お互いに、惹かれあう存在であったことが立証され、運悪くその餌食となったヴァイスと策略シュヴァルツは2敗目を喫した。

田中コメント
「今日が公式戦初日で無事に一勝をあげてとりあえずはいいスタートをきれた。
ハヤトに関しては凄い頼もしく、こっちからラブコールをおくって間違いがないことを再確認出来たんで。このまま優勝まで突っ走りたいと思います。」

風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負
△崔 領二、ライディーン<2戦1勝1分3点>
(16分12秒 両者リングアウト)
△菅原拓也、菊地 毅<2戦1勝1分3点>


開幕戦で、衝撃の存在感をアピールした菊地の2戦目。
今日も、入場時からフラフラとし、菅原は気が気で無い。独特の間合いはあるものの、零戦キックや、玉砕ファイトは、観る者を引き込ませる。試合は、場外に崔、ライディーンを落とし、菅原独特の、悪童ファイトに行き、リングアウトを狙うも、ここで衝撃が!菊地は、館内のバスケットコートに崔のみならず、菅原をもグルグル巻き!悠々と、リングインしようとするも、タイガー勝己レフェリーに、「お前は、権利がない!」と、一喝された。結局、抜け出せない、崔、菅原が権利を持ったまま、場外カウントアウト。

崔組、菅原組ともに、1点ずつ得点を獲得。3点で並んだ。

菅原 コメント

「なんだ、この怪人(菊地)。まぁ、負けたら意味ないし、1点でも入れば、いいか。次は誰だ?大谷、横山?最後が、あのダンスチームか・・これ、優勝できんじゃねーの?てか、優勝だろ。誰がどう見ても。横山狙って、弟狙って。2タテで優勝じゃん!
おい、オヤジ!(菊地)何度も言うようだけど、俺のいう事だけきいてりゃ良いから!なっ!わかったか!!」(菅原)

☆シングルマッチ
○マザー(13分00秒小包固め)不動力也×
posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 15:44 | 試合結果

12/11イオン越谷レイクタウン結果

イオン越谷レイクタウン 15:00〜

風林火山 Aブロック 公式戦 30分1本勝負
○崔 領二、ライディーン
<リーグ戦1戦1勝 得点2点>
(13分38秒 那智の滝→体固め)
ブッファ、マザ×(ブッファ・ブラザーズ)
<リーグ戦2戦2敗 得点0点>

風林火山 Bブロック 公式戦 30分1本勝負
○曙、橋本大地
<リーグ戦2戦2勝 得点4点>
(15分15秒 ボディプレス→体固め)
○ヴァイス、シュヴァルツ(ブシロード)
<リーグ戦2戦1勝1敗 得点2点>




posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 15:41 | 試合結果

2011年12月09日

12/8風林火山開幕戦:新宿FACE結果

風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負
○曙、橋本大地<2点>(18:41ボディプレス)佐藤耕平、×KAMIKAZE<0点>

風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負
日高郁人、×伊藤崇文<0点>(16:49エビ固め)菅原拓也、○菊地 毅<2点>

風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負
○大谷晋二郎、横山佳和<2点>(12:13スパイラルボム)ブッファ&×マザー<0点>

風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負
植田使徒、×藤田峰雄<0点>(13:30ノーザンライトボム)
ヴァイス&○シュヴァルツwithキッダーニ男爵<2点>

ハッスルマンズワールド提供試合
○若鷹ジェット信介&UEXILE(11:21ジェット)×世界の強豪X、XX

タッグマッチ
田中将斗、フジタJrハヤト、×小幡優作(11:49変形F5)
崔、○ライディーン、ショーン・バーネット

posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 18:50 | 試合結果
spacer.gif