ZERO1
ZERO1

2011年06月19日

6/19岡山:新見市憩いとふれあいの公園結果

6月19日(日) 新見市憩いとふれあいの公園 ゲートボール場 午後2時開始

ueda619.jpg

第一試合 シングルマッチ15分1本勝負
△藤田峰雄(時間切れ引き分け)フランク・デビッド △


第2試合 シングルマッチ20分1本勝負
○KAMIKAZE(7分16ムーンサルトプレス→体固め)ラッキー・キッド×


第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
日高郁人、○柿沼謙太(13分08秒ジャーマンスープレックスホールド)マーべリック・サマーズ、アランド・スレックス×


第4試合 タッグマッチ30分1本勝負
田中将斗、横山佳和×(17分11秒パイルドライバー→体固め)○佐藤耕平、橋本大地


第5試合
「植田使徒・地元凱旋試合」タッグマッチ30分1本勝負
大谷晋二郎、○植田使徒(18分01秒ラリアット→体固め)崔領二、不動力也×


「植田使徒・地元凱旋試合」と名うたれたこの試合。 実は3回目となる地元凱旋の植田は、まだ、地元での自力勝利を挙げた事がなく、是が非でも勝利を掴みたいと、戦前から気合いが入る!
対する崔、不動は同世代ながら、常に植田の前を歩き、越させることは、絶対に許さない、近くて高い壁であった。
その意地が爆発した試合は体と体がぶつかり合う音と、大声援であふれかえった。
やはり攻め込まれた植田だったが、今日は粘りが強く、大熱闘を制したのは植田のラリアットだった!

リング上マイク「今まで、勝てなくて…でも、やっと勝てました! ぼくの試合で、みんなが少しでも元気になってくれればと思います。本当にありがとうございました!」(植田)
posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 17:10 | 対戦カード

2011年06月15日

6/14後楽園ホール大会結果

Eドリームタッグマッチ 60分1本勝負
大谷晋二郎、×橋本大地(19:25大肉弾プレス)○曙、長島☆自演乙☆雄一郎

D世界ヘビー級選手権 60分1本勝負
(王者)崔 領二(10:25 那智の滝)マーク・フセイン(挑戦者)
※王者2度目の防衛

CインターナショナルJrヘビー級選手権試合 60分1本勝負
○菅原 拓也(王者)(20:57十三不塔)藤田 峰雄(挑戦者)
※王者が初防衛

Bありがとうディック東郷 引退直前ZERO1最終試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
○ディック東郷、日高郁人、FUNAKI
     (14:02ダイビングセントーン)田中将斗、×澤 宗紀、フジタJrハヤト

A6人タッグマッチ 30分1本勝負
佐藤耕平、柿沼謙太、×アランド・スレックス
    (13:43ファイアーバード)KAMIKAZE、植田使徒、○フランク・デビッド、

@シングルマッチ20分1本勝負
横山佳和(10:37 体固め)○小幡優作

posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 12:09 | 試合結果

2011年06月02日

6/2「元気3」ZERO1道場

☆タッグマッチ
○KAMIKAZE&橋本大地(11:39ムーンサルト)KATO&×ITO

☆柿沼謙太×(10:42 チョークスラム→アックスボンバー)○マーク・フセイン

☆大谷晋二郎○(9:44 コブラホールド)×マッド・ストーン

☆タッグマッチ
日高郁人&×横山佳和(16:20 パイルドライバー)○佐藤耕平&フランク・デビッド

posted by ZERO1 SERIES CARD&RESULT at 21:03 | 試合結果
spacer.gif